いくらもらえるの?「ねんきん」額を試算

資産形成

定年後、いくらもらえるんだろう?いくら必要なんだろう?

 ねんきんネットで確認してみました。
「かんたん試算」というものがあったので使ってみました。「現在と同じ条件で60歳まで年金制度に加入すると試算条件を設定し、年金見込額を試算します。 」とのこと。
受け取りは65歳からの試算になります。

 試算結果は。。。

 な、なんと、174,813円。。

 これ、多いと思いますか?少ないと思いますか?

 私は、少ないと思いました。
 ただ、幸い、夫婦二人なので、妻の国民年金6.4万を加えると、合計23万円
 これでやっと家計調査並みの収入です。

 厚生年金保険・国民年金事業の概況(平成29年度版)による平均受給額は

 国民年金:55,615円/月
 厚生年金(男性):165,668円/月

 夫が会社員、妻が専業主婦:165,668円/月+55,615円/月=平均221,283円/月

 では、退職後の生活にいくらかかるのか。総務省のデータを見てみます。

 家計調査報告
 高齢夫婦無職世帯 高齢無職世帯のうち高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯) につ いてみると,実収入は222,834円,可処分所得は193,743円となった。
 費支出は235,615円,平均消費性向は121.6%となった。
  家計調査報告(家計収支編)2018年(平成30年)II 総世帯及び単身世帯の家計収支

 不足分の41,872円を含めると、支出は264,706円となります。
 我が家のもらえる見込み額23万円の収入を当てはめると、3.4万分赤字になります。
 これ、「住居費」の割合がとても低いので住宅ローンを抱えたまま老後に突入するとさらに大幅な赤字になること確実です。

 ちなみに今住んでいるマンションのローンは75歳までです。。。

 黄金の10年を過ごすにはいくら必要なんだろう。。。
 シミュレーションをやってみる必要がありそうです。



ここまでお読みいただいてありがとうございます!
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へにほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました