日本ではなんとかPayが話題ですがニューヨークでは・・・

雑記

キャッシュレス店を禁止

 今日のニュースで、「ニューヨーク市でキャッシュレス店を禁止へ」という見出しがあり、一瞬「えっ?」ってなりました。ソースはこちらです。
CNN New York on track to ban cashless stores and restaurants

 今、日本では、国を挙げてキャッシュレスを推進している中、「禁止?」ということで脳内が混乱しました。「現金オンリーのキャッシュレスが使えない店舗がダメなのか?」という思考でした。

 で、よく読んでみると、「現金での支払いを拒否する」ことを禁止することらしいです。なんじゃそらですね。
 その背景としては、クレジットカードやデビットカードを持つことのできない低所得者に対する差別になる。高齢者や個人情報の観点からキャッシュを好む人々もいることからのようです。
 要するに、「消費者に選択権がある」ということらしいです。自由を重んばるアメリカらしい発想ですね。
 法律なので違反すると罰金。最初の違反に対して1,000ドルの罰金が科され、その後の違反ごとに1,500ドルの罰金が科せられるそうです。
 細かい話ですが、20ドル紙幣を超える高額紙幣は断っても良いとのこと。

 アメリカでクレジットカードを作るには、「クレジットヒストリー」なるものが必須で、支払い能力に問題がないかということを証明できなければカードを持つことさえできませんからね。
 
 また、ニューヨーク市はまさに人種のるつぼで、いろんな国の方、事情のある方など様々な人が暮らす街です。
 その中には、銀行口座さえ持っていない方が一定数いて、そういう人を差別しちゃいけないと。
 でどれくらいそういった人がいるかが公式に発表されています。

消費者および労働者保護局(DCWP)

消費者および労働者保護局(DCWP)の発表によると、11.2%に当たる、世帯354,100世帯が「unbanked」(銀行座を持っていない)21.8%にあたる689,000世帯が「underbanked」(口座は持っているが何らかの理由で使っていない)状態にあるとの事です。でもその割合は徐々にではありますが、漸減してきているようです。

 ちなみに、サンフランシスコやニュージャージー州などはこういった法案がすでに可決しているらしいです。

 ところで、この法案が可決したら、「Amazon Go」ってどうなるんだろう。「レジに人がいない無人コンビニ」なのでキャッシュレスですよね。

amazon go 公式ホームページ
動画見てみると・・・、完全に万引きですよね。。。

 ということで調べてみると、「「2019年4月、「Amazon GOで現金を使えるようになる」と報道されました。」との事でした。
 これは、法案が可決している州の影響から先手を打ったものなんでしょうね。

中国ではスマホ決済が主流

 中国では、AlipayやWeChat Payなどスマホ決済が主流。「偽札が大いにありうる」環境下であったたことを背景として、爆発的に普及しました。
 また、「信用スコア」なるものがあり、スコアが低いとローンが下りなかったり、保険料が高くなったりすることもあり、現金ではなく好んで
キャッシュレスで支払うようです。なかには結婚の条件にスコア◯◯以上!などがあったりするそうです。

日本では◯◯Payが話題

 日本では、政府の掛け声のもとキャッシュレスが推進されておりますが、その背景は・・微妙ですね。
 インバウンドへの対応だったり、人手不足への対応などあまり必然性が感じられません。

 日本での現金にまつわる環境はかなり整備されているので、中国のように偽札の心配も現金の管理面における強盗などへの対応も無いに等しいですものね。
 2015年のデータですが、日本のキャッシュレス決済の比率は18.4%とのこと。これを2025年までに世界標準の40%にするのが政府目標です。
 確かにキャッシュレスって非常に便利で、私も最近はあまり現金、とくに小銭を使うことが激減しているので、この比率は高まるでしょう。
 一歩で、各事業者が躍起になって「◯◯Payで20%還元!」などのキャンペーンを行って話題作りやシェアの奪い合いに必死ですが、それがある程度落ち付いたあとの世界は一体どうなっているのでしょうか。
 これは全く個人的な意見ですが、正直、Suicaを筆頭とする交通系のICカード等のキャッシュレスが全国でくまなく使えるのであればそれ一択で良いと思います。。。

興味のあるかたはこちらから
経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」



ここまでお読みいただいてありがとうございます!
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へにほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました