いやぁ、映画って本当にいいもんですね

雑記

いやぁ、映画って本当にいいもんですね

 懐かしいフレーズですね。はい。これがわかる世代です。
 たまには、趣味の話でもということで、今回の話題は「映画」です。

 昨年の映画鑑賞実績、あくまでも映画館のスクリーンで見た作品数ですが、39本でした。
あと1本で40本だったのですが、最後あまり見たい作品がなかったので39本で止まってしまいました。
映画間に行くこと自体が目的ではなく、見たい作品があれば行くというスタンスです。
普通の会社員としてはおそらく多い方で、「趣味は映画鑑賞です。」といえるレベルではないでしょうか。
映画館だけではなく、NETFLIXやamazonプライムなどでも映画や海外ドラマを見ますので相当数見ていると思います。
ですが、あまりウンチクを語るタイプではなく、あくまでも純粋に作品を楽しむスタイルです。

ちなみに、2019年の個人的ベストは「グリーン・ブック」でした。

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

「映画館=ポップコーン」

 ところで、最近、映画館に行くと感じることがあって、これはおそらくあまり共感されない想いだとは思うのですが、「映画館=ポップコーン」という慣習って必要なくないですか?あれ、結構カサカサうるさいし匂いもします。本当にポップコーン食べたいのか?映画館だからとりあえず的な短絡的な思考じゃないですか?
という想いを行くたびに強くしています。
いっそ、飲食の「食」は禁止でも良いと思います。というか禁止にしてもらいたいです。

映画 フォード vs フェラーリ

©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

 今年一発目の作品は「フォード vs フェラーリ」でした。
控えめに言います。「週末は絶対に見に行って下さい!」控えめに言っても「絶対見るべき作品」です。
 あらすじやストーリーなどはプロではないので、下手したらネタバレになるのでここでは触れませんが、1966年のル・マン24時間レースにまつわる実話をもとにしたストーリーです。
登場人物もなかなかのもので、エンツォ・フェラーリ、リー・アイアコッカ、キャロル・シェルビー、それにヘンリー・フォード2世など、個性的かつ大物がわんさか登場します。 
 W主演の一人、「クリスチャン・ベイル」の演技が素晴らしい!もともと好きな俳優ではあったのですが改めて役者魂をみせてもらいました。本当にすばらしい!

「フォード vs フェラーリ」というタイトルから「車や車メーカー」に関する映画だと思われるのですが、全然そんなことはなく、「車」に興味がある人もそうでない人も絶対楽しめる映画です。 映画のテーマは、「男たちの挑戦の物語」 か 「男の友情」 か 「親子の絆」 か見る人、見方によると思います。

 すでに見られた方は、どう感じましたか? 
 カップルはもちろん、親子でもOKな内容です。 ぜひ!おすすめします。

 映画『フォードvsフェラーリ』は2020年1月10日(金)より全国公開中。
 公式ホームページ

映画を安く見る方法

 ここからは、関東に在住している方に限定っぽくなってしまうのですが、年間30~40本程度映画を見ますので少しでもお得に、お安く見たいと思ってます。
一般の会社員なので、平日限定のサービスは使えないため、土・日に使えるサービスを駆使して少しでも安く!見る方法を共有させていただきます。

 自家製CINEMAカレンダー

 関東周辺の劇場が独自で実施しているサービス価格で見れる日をまとめたものです。
 土・日に使えるサービスを一目でわかるようにしています。
 基本、使える日を有効的に活用しつつ、それ以外の日はたまったポイントを利用して割引価格で見ます。

 それでは、「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」



ここまでお読みいただいてありがとうございます!
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へにほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました